2018年8月15日 (水)

信州のナス

終戦記念日の式典が始まろうとしている昼の暑さの中、信州のYoさんから送って頂いたナス一箱の一部を写真に納めた。新鮮なナスは黒と言うか深紫の照りが美しい。それがどこまで写るか。

1_20180815_nasu_sdim0052brcn_aori_5

庭のミニトマトは疲れも見えてきて収穫の間隔も間延びし粒も小さいものが多い。それでも累計400個を超えた。

2_20150815_minitomato_sdim0049brcn_

朝仕込みのパンが焼き上がったところで熱いのを切り分けて朝食飛ばしの昼食である。パンのふくらみが足りないのはイーストをケチっているからだが温かいうちは家内もおいしいと食べる。

3_20180815_lunch_sdim0053wbcn_aori_

(2018年8月15日)

2018年8月12日 (日)

続く桔梗

何度も読み返すのだが、憶良の詠んだ秋の七草の歌を漢字で写すとこんなである。
 山上臣憶良詠秋野花歌二首
 秋野尓咲有花乎指折可伎數者七種花
 芽之花乎花葛花瞿麦之花姫部志又藤袴朝皃之花
この最後の「朝皃之花」が桔梗とのことである。庭に桔梗の花を見てから2カ月程経つが、いまだに花を付ける。まず終わった花はこんな風に房を保っている。

1_20180811_kikyo_dsc08030wbbrcn_ts

そして、咲き続ける花は同じ様相である。なぜか白多勢である。

2_20180811_kikyo_dsc08031brwbcn_ts

紫蘇の葉が虫に食われていると思っていたが、その犯人を見つけた。酷暑の中動くでなく1年限りのおのが命を噛みしめるかのようにじっと沈思黙考ポーズを決めている。

3_20180811_batta_dsc08023brwbcn_ts

(2018年8月12日)

2018年8月 5日 (日)

ゴーヤの急変

この2、3週間ゴーヤの2つの実の成長が止まっているようなのでフライパンの具にいつでも収穫するよと家内に告げていたのだが、まだもう少しの返事しか得られず月を跨いで今日に至った。暑い中、午後になって庭に目をやると昨日までの深緑のゴーヤが真黄のゴーヤに変身していた。この一瞬の変化の景色はかなりの衝撃で、たかがゴーヤと言うものではない。

1_20180805_goya_sdim0035cn_ts

何事にも旬、適時、熟れ時、蒸れ時、収穫時と言うものがあるという自然の摂理を改めて思いやって、となりのミニトマト、(ミニ)ナスを合わせて収穫した。2日ぶりのミニトマトは44個、累計293個になった。さて、この変色ゴーヤは具材の役を全うするかどうか。

2_20180805_goya_sdim0038brcn_aori_1

(2018年8月5日)

2018年8月 2日 (木)

ミニトマト 更新中

そろそろ夏バテ、肥え切れの様子が見えてもよいのだが、まだまだ元気に実をつけ続けて、本日の摘み取り48個、累積228個である。ナスの方はやっと6個をカウントした。

20180802_minitomato_sdim0034brwbcn_

(2018年8月2日)

2018年7月29日 (日)

ミニトマト

長野Yoさんからするとお遊び、お楽しみの我が家の野菜栽培も今年のミニトマトはかなりの当たりである。なにしろ、今日の46個で収穫累積153個になったのだ。

20180729_minitomato_sdim0032brwbcn_

(2018年7月29日)

2018年7月23日 (月)

ブルーベリー

家内が昨日ツツジ科スノキ属シアノコカス節ブルーベリーの小木から摘んだ今年初のブルーベリー果約20個である。農園の中にはブルーベリー狩りに解放しているところもあると言うが、出かけずして20個ばかりのゲットである。隣のミニトマトは今年の積算50個をカウントした。

Sdim0030brcn_ts

ヨーグルトにまぶしての朝のデザート。

Sdim0031brwbcn_aori_10_ts

(2018年7月23日)

2018年7月18日 (水)

ゴーヤの成長

猛暑、酷暑の日々である。この時期は、体を休ませておくに限るとあまり外出していない。7月に入って昨年蒔いた数個のゴーヤの種の一つが今年に芽吹いているのに気づき、咲き始めた花も目に付いたので追い肥をして支柱を立てておいた。久しぶりに眺めると、何個も実が着いて随分と成長しているのに驚いた。収穫までゆくかどうか、植木鉢なのであまり期待しないのがよいだろう。

1_20180718_goya_dsc08007brwbcn_ts

ゴーヤが目的でなく、順に蕾を花に変えている桔梗を撮ろうとして猛暑の庭に出たことを思い出して、そちらの写真も撮ったので載せておく。

2_20180718_kikyo_dsc08004brwbcn_s

(2018年7月18日)

2018年7月14日 (土)

庭の野菜、家族の帰省、信州の野菜

久しぶりに離れて住む娘の帰省が昨夜あり酷暑の週末を我が家で過ごしている。それならと今日の昼は庭の少しばかりのミニトマト、小茄子、紫蘇、茗荷を刻んでのソーメンであった。ミニトマトの収穫は、16個までカウントアップである。そしてデザートにと出してくれたのが持ち帰って来た少々大きめのヨーグルトで、私はゼラチンの刻みの入ったの赤っぽいのを選んだのだった。

1_20180714_saturdaysnoon_sdim0007_2

2_20180714_saturdaysnoon_sdim0015_a

3_20180714_saturdaysnoon_sdim0016br

昨日、信州のYoさんから今年の夏の野菜が箱一杯に詰まって届いたのでその一部を取り出して写した。上の皿にあるキュウリを忘れたようで入っていない。写真では分かりにくいが、このタマネギは私の生涯見たなかで最大と言ってもよい大きさである。後で聞いたら、ジャガイモはお裾分けの際に頂いたものとのことで産地が少し異なるようだ。定年後本格派農家の家内の従兄になるYoさんは、私たちよりも数年の年上であることを思うと、通年の農作業を健康に行われているのは全く素晴らしい。

4_20180714_saturdaysnoon_sdim0014br

(2018年7月14日)

2018年7月10日 (火)

ミニトマトの初収穫

ミニトマトの初収穫

ミニトマトが赤く染まって来たので房のまま切り取っての記念写真である。花から実迄の期間が結構長い。その分後続の房もたくさんあるので楽しみに待つことにしよう。これから木の枯れるまで実の数を数えることにして、まず今回は緑の粒を除いて7個である。

1_20180710_tomato_sdim0006br_aori_2

5_20180706_tomaato_dsc07986wb_ts_2

6_20180706_tomaato_dsc07988brwbcn_2

(2018年7月10日)

2018年7月 7日 (土)

孫娘からのお便り

岡山県を始めとする西日本では大雨による多数の被害者、大きい被害が出ており、列島は大災害の中にある。悪天候の早く収まることを祈るばかりだ。
先月のこと、家内が昔を思い出しながら可愛い子供服をいそいそと作る夜なべ仕事に精出しているなと思ったが、月が替わって2人の孫からこんな便りが来たとのこと。既に電話で喜びの声を聞いていたが改めて猫たちの印象画の添えられた封筒を受け取って嬉しそうである。やはり、我が家は猫のいる家なのだ。

20180707_sdim6023br_aori10deg_2

(2018年7月7日)

«苺月

無料ブログはココログ